トップページ > 水の成分について

水の成分について

水にはきちんと成分というものがあります。水の成分は水そのものだと言ってしまいがちですが、水の中にはミネラル成分が多く含まれており、そこには身体が必要とする栄養成分が多くあります。
代表的な水の成分として知られているものは、カルシウム、ナトリウム、カリウムやマグネシウム、そしてバナジウムになります。
カルシウムは骨を形成する役割を果たし、ナトリウムは他のミネラルの吸収を手助けしてくれます。カリウムは老廃物の排せつを補助してくれると言うほか、マグネス生むカルシウムの濃度を調節してくれるという役割があります。
また、最近注目されているバナジウムは、血糖値を下げて、コレステロールの合成を抑制してくれるという役割も持っています。
ただ単に水といっても、そこには多様なミネラルが含まれているのですね。

関連エントリー
食事中の水分補給とは?
RO水とは?
水の成分について
硬水と軟水の違い
軟水と硬水に適したもの
浄水器について
フィルムパックでの水宅配