トップページ > RO水とは?

RO水とは?

天然水と呼ばれるものと、RO水と呼ばれるものがあります。この違いは何なのでしょうか?
天然水の場合、富士山などの地下水や湧水などを採水して、それをろ過したり、殺菌処理をして、含まれているミネラル成分をできるだけ残すようにして、ミネラルバランスを保つようにします。

一方で、RO水と呼ばれるものは、逆浸透膜を通した水の事を言います。逆浸透膜と呼ばれるものはろ過膜の一種となっており、極小フィルターとイメージすれば分かりやすいでしょう。
これは水以外の不純物は糖佐内性質となっているのですが、ミネラル成分も全て除去してしまいます。そのため、逆浸透膜に通した水に改めて人工的なミネラル成分を添加していくと言う形になるのです。

関連エントリー
食事中の水分補給とは?
RO水とは?
水の成分について
硬水と軟水の違い
軟水と硬水に適したもの
浄水器について
フィルムパックでの水宅配